「泣けた。。」「もう圧倒的されてるよ」アニメ『ウマ娘』2期2話【海外の反応】

アニメ/漫画
スポンサーリンク

アニメ「ウマ娘」2話「譲れないから!」に対する海外の反応をredditからまとめてみました。
まだご覧になっていない方はAmazon Primeで視聴可能ですので、そちらでご覧ください。

あらすじ
日本ダービー直後の怪我により三冠を絶望視されるトウカイテイオーは、それでもあきらめず必死のリハビリを続けるが…。一方、ナイスネイチャも菊花賞出走を目指しカノープスのチームメイトとともにトレーニングに打ち込む。

スポンサーリンク

アニメ「ウマ娘」2期2話に対する海外の反応まとめ

1. 海外の名無しさん
くっそー、かなりやられたぜ!素晴らしいエピソードだ。

 

2. 海外の名無しさん
競走馬たちが何を言っているのかと思うと、身の毛もよだつ。
このシリーズは非常にくだらないのだが、それにもかかわらず心の琴線に触れるのは、その瞬間をうまく表現しているからなのかな。
テイオーがレースを見ていたとき、彼女が何を感じていたのか、心の中の独白を聞くこともできたかもだが、このシリーズでは彼女の反応と演出で見せてくれたね。
言葉で説明するのではなく、気持ちを伝えるんだな。

 

3. 海外の名無しさん
競馬アニメの第2話で圧倒されるとは思っていなかった。
今シーズンの続編の中で、今までで一番感動を与えてくれたのはウマ娘2期ではないではないか?

 

4. 海外の名無しさん
ちょっと待ってゴールドシップ、(きっと彼女だと思うので)健康スムージーに最適な材料とは思えないが。。余分なプロテインかな?
このアニメの醍醐味である、かわいい馬の女の子たちがベストを尽くす姿が詰まった、本当に素敵なエピソードだったね。

 

5. 海外の名無しさん
さて、前回のおさらいですが、テイオーは2回目のG1レース「東京優駿」、通称「日本ダービー」に出走したね。
(以下がリアルのレース)

前回のレースと比べてみると、とてもよく再現されているのがわかる。実況も同じだね。
ウマ娘にはたくさんの参考資料があり、すべてを挙げるのは難しい。
ここでは、前回のエピソードから気になった点をいくつか紹介しよう。

  • テイオーの特徴的な走法は、ファンの間では「テイオーステップ」と呼ばれている。
    本物のテイオーもパドックではこのようにしていた。
  • テイオーがレース後にしたピースサインは、帝王のジョッキーがレース後にしたピースサインのこと。
  • テイオーが部屋に貼っていたポスターは、JRAのシンボリルドルフのポスターを参考にしている。

それでは第2話をお楽しみくあれ。テイオーは前走で脚を痛めてしまい、無敗の3冠王の夢が絶たれてしまった。皐月賞、日本ダービー、菊花賞の3つのレースは、それぞれの年齢(現実では3歳馬)で行われる1回勝負のレースなので、一度負けたり逃したりすると一生勝てないんだ。

しかし、テイオーは一度も負けていないので、厳密にはまだ無敗なのだ。
テイオーの人生はとてもドラマチックで、まだ2話目なのに8話目か9話目のように感じられたね。
今後の展開と大好きなレースに早くも期待している!

 

6. 海外の名無しさん
>>5
本物の馬の話をしているので。
世界的な競馬ファンとしては、日本には世界最高のサラブレッドがいて、(今でもあまり遠征することはなく、香港に行くことが多いのではないでしょうか)
それらがいつもひどいジョッキーに乗られていたことにいつも驚かされる。

 

7. 海外の名無しさん
>>6
日本のサラブレッドは、JRAの賞金額が欧米やオセアニアに比べて高いため、オーナーの渡航意欲が低く、あまり世界を旅していない。
その上、日本のサラブレッドの種牡馬やファミリーラインは、何十年も前から植え込みのある芝(高速馬場)で走ることに最適化されているため、香港やドバイなどでは好成績を収めるが、ヨーロッパではなかなか勝つことができない
(逆に言えば、ここ20年ほどで、ヨーロッパの馬が日本のG1レースで勝つことは難しくなっている)

 

8. 海外の名無しさん
クソ、馬のアニメで何で泣いちゃうんだ。。

 

9. 海外の名無しさん
思わず息が詰まった。このアニメはとても心がこもっています。
ガチャガチャの宣伝のためにこの名作を作ったとは思えないね。
テイオーが調教師の部屋に入ってきて、約束の話をしたときは胸が熱くなったよ。
そして、競馬場での彼女の姿を見て、これは起こっていることであり、自分は関係ない、自分には何もできないということを悟りった。これは重いね。

 

 

10. 海外の名無しさん
馬のアイドルのアニメで、1シーズン泣かせないでくれないか?

 

11. 海外の名無しさん
笑えるエピソードを期待していたのだが、痛いところを突かれたよ…。
あのトレーナーは本当の兄弟だね。

私はスペちゃんに会いたいので、テイオーが好きなのと同じくらい、このアークの後に「元通り」になることを願っている。

 

12. 海外の名無しさん
あのレースシーンは美しかった。私はネイチャーを応援していしたが、もちろんテイオーにも焦点が当てられていて、テイオーがライバルに影響を与えたり、励ましたりする様子が描かれていたね。
それが好きなんだ。
馬版のクガット博士がいるのか、馬のプラセンタ療法がその世界に相当するのか気になるところだ。

 

13. 海外の名無しさん
今回のエピソードやテイオーのことは気に入っているが、スペシャルウィークが単なる裏方のキャラクターになってしまったのは、私にとっては違和感があるな。
スペシャルウィークは、今シーズンに投入できるようなIRLのレースはもうないと聞いているが、それにしても、シーズン1でスペシャルウィークが印象的な活躍をしていたのに、今作でみんながいつもテイオーの話をしているのは違和感があるよ。

 

14. 海外の名無しさん
最後の音楽には目頭が熱くなったよ。
まだ2話目だが、とても感動的な素晴らしいエピソードだった。
トレーナーは自分が史上最大の兄弟の一人であることを証明した。来週が待ち遠しい。

コメント