英語学習に役立つイギリス英語のオススメNetflixコメディ作品5選!

映画
スポンサーリンク

イギリス圏に留学する人はアメリカ英語よりもイギリス英語のリスニング力やスピーキングを向上させたいと思っているかと思います。

それもそのはずです。

イギリス英語とアメリカ英語では発音やイントネーションが全然違います。

私自身はアメリカの大学に留学していたのですがアイルランドやイングランド出身の留学生の英語が聞き取りにくくてとても苦労した思い出がありますし。。

実際にアメリカ人もイギリスの映画に英語字幕をつけないと理解できないことがあるくらい、アメリカ英語とイギリス英語は違うのです。

また、アメリカ英語とイギリス英語では表現の違いもあります。この辺りも本場のイギリス英語を聴くことで独特な言い回しを理解できるようになるでしょう。

今回は、イギリスの大学や大学院に留学する方、またイギリスにワーキングホリデーなどで行く方にお役に立てればと思い、Netflixにあるオススメ、イギリス英語の海外コメディ作品を紹介させていただきます。

どれも個人的な基準で選んでいます。

今回の基準は

  • 英語字幕で視聴可能
  • 1作品が30分前後
  • イギリス英語の作品
  • Netflixにある作品

です。

それでは早速みていきましょう。

Chewing Gum(チューインガム)全12話 1話約20分

舞台はロンドンの一角。敬虔なクリスチャンの家庭で育ったトレイシーも立派な大人だ。そろそろ花を咲かせたい、まずは処女を卒業したいと考えているのだが…。

この予告はめちゃくちゃオブラートに包んでChewing Gumについて紹介していますが、この予告だけではこのドラマの良さや魅力は全くと言って良いほど伝わらないと思います。

内容は大人向けということもあり、結構過激な内容が多いですがとても面白いです。笑

イギリス独特といったら大げさな表現になってしまいますが、主人公トレイシー・ゴードンの自虐的な笑いが多く、これがまたどハマりしてしまいますね。

なによりも1作品あたり20分でテンポがとても良いので飽きることなく作品を見続けることができます!
もうちょっとだけ見よう、と思って次の1話をみると「あと1話だけ、あと1話だけ」とどんどん見入ってしまうのがこの作品の素晴らしさですね。

ちなみに、この主人公を演じるのはロンドン出身のイギリス人女優のミカエラ・コーエル。彼女の両親はガーナ出身の方でミカエラはカソリック系の学校で勉強していました。

ですので、この作品はミカエラの半自伝的な作品でもあります。
(ミカエラが脚本も書いています。)
2016年にはチューインガムで英国アカデミー賞コメディ部門で最優秀女優賞を獲得。

現在、チューインガムはNetflixでシーズン2まで配信されています。

Netflix:チューインガム

ピープ・ショー ボクたちの妄想族 全48話 1話約25分

恋人に追い出されてしまった怠け者のジェレミーが、友人マークと同居することに。このふたり、世渡りの仕方は対照的でも、地に足が着いてない所はソックリ。

ちょっとヘンな絶賛コメディシリーズ。シーズン4で英国アカデミー賞テレビ部門の最優秀コメディ番組賞を受賞!

cited from: Netflix

 

真面目だけど冴えないサラリーマンのマークと自称ミュージシャンでデビューを夢見る馬鹿げた感じのジェレミーの2人が繰り広げる日常を描いたコメディ作品です。

マークとジェレミーといった正反対のタイプ2人が繰り広げる日常的なやりとりが面白いです。

この作品は両者の目線を覗き見するような撮影方法でとられており少し変わった感じのコメディ作品ですがこれがまた面白い。

両者ともに頑張ってモテようと色々と企てるものの両者が揚げ足をとって失敗の繰り返し。このやりとりや展開のテンポが良いのが人気の秘訣だと思います。

また、イギリスならではの毒舌のブラックジョークがどハマりすること間違いないでしょう。
個人的に好きなのは真面目なマークの言い訳するシーンと近所の悪ガキとのやりとりがクスクス笑えます。(笑)

少し難しい言葉を使うときもあるので最初は日本語字幕、その後に英語字幕で使用する方法もオススメです。
(Fワードが少し多いかもしれませんが、日常的な会話なので仕方ないですね。)

Netflix:ピープ・ショー ボクたちの妄想族

思春期まっただ中(inbetweeners)全18話 1話約20分

ウィルは両親の離婚をきっかけに転校し、あるグループと仲良くなる。クールでなければ誠実でもない悪ガキ達との学校生活はバラ色? それとも灰色?

イケてない男子高校生4人が繰り広げる青春系のコメディドラマです。

イギリスに住む人は知らない者はいないくらいの超有名なドラマです。
アメリカでいうところのThe Office(ジ・オフィス)くらいの人気を誇る伝説の作品。

イギリスのスラングが数多く出てくるのでイギリスに行く人は見るべきドラマの一つですね。

イギリスでの題名はinbetweenersで”In Between”からきています。
これはスクールカーストにおけるイケてるグループとイケてないグループのちょうど真ん中といった感じですね。

このドラマを知っているだけでイギリスに行った際に共通の話題にもなるのでオススメです。

Netflix:思春期まっただ中

The Office UK 全14作品 1話約30分

これも「思春期まっただ中」と同様にイギリスで一世を風靡した超人気のコメディ作品です。

実際にアメリカでもThe Officeがリメイクされ、これもめちゃくちゃ売れました。

上の4分間の動画だけでも面白さをお分かりしていただけるかと思います。
が、この動画だけではThe Office UKの面白さの1/10も伝えきれません。

それくらいThe Office UKは素晴らしいコメディ作品です。
個人的にはアメリカ版も含めてThe Officeは一番好きなコメントドラマです!

モキュメンタリーといって、ドキュメンタリー風にした作品で、下の動画にもあるようにところどころに各出演者のコメントがあるところも面白さを引き出しています。

 

残念ながら2019年2月現在、The Officeは日本版Netflixでは 視聴できず、アメリカ版Netflixで視聴する必要があります。
(アメリカ版Netflixは日本版Netflixのアカウントがあれば視聴可能。)

アメリカ版Netflixをみる方法は下の関連記事に詳しく説明しているので興味がある方はそちらからお願い致します。

関連記事
日本からアメリカ版Netflix視聴する方法!【2019年最新】

個人的にはThe Office UKとThe Office USは分かりやすい英語が存分に使われているので英語字幕を使っての英語学習にオススメですし、何よりも他の作品に比べても群を抜いて面白いので楽しみながら英語の勉強をしたい方はぜひ見て欲しい作品の1つです。

Netflix:The Office UK

 

デレク(Derek)全14話 1話約25分

いつも明るく、心の優しいデレク・ノックスが、自分自身と老人ホームで働く同僚たちを紹介する。

英国の老人ホームで真面目に働く、心優しいヘルパーにスポットを当てた、リッキー・ジャーヴェイス監督による心温まるコメディドラマシリーズ。

デレクはThe Office UKと同じく、リッキー・ジャーヴェイスが脚本から監督、主演まで全て手掛けるイギリスのコメディ作品です。

The Officeと同じくモキュメンタリー(ドキュメンタリーにみたてたコメディ作品)風のドラマで役者1人1人の面白さが際立ちますね。

これはNetflixのオリジナル作品なのでNetflixのアカウントを持っていないと視聴できないのが少し残念ではありますが、デレクを見るためにNetflixを契約してもお釣りがくるほど期待を裏切らない面白さ、すばらしさがあります。

面白さだけでなく心温まるようなシーンも結構あり、他のコメディ作品とは少し変わったイギリスのコメディ作品です。
他のイギリスのコメディ作品は下ネタが存分にあるなかデレクは少しそのあたりが控えめな印象がありますね。

コメディ作品の中にある心温まり、時々泣ける。
その様な作品を見たいという方には是非とも見てほしい作品です。

Netflix:デレク(Derek)

 

アメリカ版Netflixで日本にないドラマも視聴可能?!

ここまで紹介させていただいた作品の中でThe Office UKは日本版Netflixでは視聴できません。

しかし、アメリカ版NetflixからですとThe Office UKを視聴することが可能です。

アメリカ版Netflixを見るには月々300円ほど、スタバのコーヒーを1回我慢するくらいで視聴可能なので本気で英語を勉強してからイギリスに留学しようと思っている人は是非アメリカ版Netflixを視聴できるようにしておくべきだと思います。

ちなみにアメリカ版Netflixは日本版Netflixのアカウントがあれば視聴可能です。

実際にアメリカ版Netflixの視聴方法については以下の記事で詳しく説明していますのでそちらをご確認ください。

日本からアメリカ版Netflix視聴する方法!【2019年最新】
アメリカにいた時は日本版のAmazonプライム、特に松本人志さんのドキュメンタルをみたいと思ってあの手この手を使い視聴しました。関連記事実質無料でアメリカから日本のAmazonプライムビデオを視聴する方法! そして今度は日本からアメリカのN
映画
スポンサーリンク
一日懸命

コメント