「だから柔道は美しい」古賀稔彦vs小川直也の一戦に称賛の嵐【海外の反応】

柔道
スポンサーリンク

今や伝説となっている1990年の全日本柔道選手権決勝。

軽量級の世界王者である古賀稔彦が、重量級のエースであり世界王者である小川直也が戦った一戦はもはや柔道界においては伝説となっていますよね。

古賀選手が決勝に行った凄さを簡単に例えることはできませんが、リオ五輪73キロ級の金メダリストである大野将平選手は2017年の全日本に出場したものの、初戦で破れています。
(大野選手でさえ初戦で負けてしまう無差別級で、古賀選手の決勝進出がいかにすごいか。。)

今回は古賀選手の勇姿、すごさ、柔道の素晴らしさを知っていただきたいため、伝説の一戦、古賀選手と小川選手の一戦に対する海外のコメントをまとめてみました。

スポンサーリンク

古賀稔彦v小川直也の無差別級 決勝戦に対する海外の反応まとめ

1. 海外の名無しさん(スウェーデン)
古賀さんへの感謝の気持ちを込めて。

 

2. 海外の名無しさん
本当に信じられないことだ。
古賀選手の体重は小川選手の1/2なのに、10分以上も対戦している。
古賀は天才だ。

 

3. 海外の名無しさん
古賀はスーパーマスターで、審判は何度も彼と対戦している。
タイムマシンに乗って古賀と小野の対戦が見られたら、どんなによかっただろうか。

 

4. 海外の名無しさん
小川はこの試合の後、顔を隠すべきだな。
古賀は小柄だがライオンのようなハートを持った柔道チャンピオンだった。
まさに綺麗な技術を体現していた。
嘉納先生※はきっと感激するだろうよ。

※嘉納治五郎は柔道の父と呼ばれる人です。

 

5. 海外の名無しさん
柔道が大好きで59歳になっても復帰を夢見ているよ。

 

6. 海外の名無しさん
この試合は100キロ越えのモンスターと60キロの対戦ていう理解であっている?

 

7. 海外の名無しさん
>>6
無差別級だよ。

 

8. 海外の名無しさん
>>6
全日本は無差別級があるんだ。だから古賀は巨漢たちを倒して、この映像の決勝まで行ったことになる。

 

9. 海外の名無しさん
>>6
小川 = 193cm, 130kg
古賀 = 169cm, 75kg

 

10. 海外の名無しさん
相手の半分の重さしかない古賀が決勝まで残ったのは、彼のテクニックのおかげだ。
柔道は美しいスポーツだね。

 

11. 海外の名無しさん
古賀が一番であることは変わらない!

 

12. 海外の名無しさん
まさに日本のチャンピオンだ。
大野将平は一回戦で負けたけど、古賀稔彦は決勝まで行った。

 

13. 海外の名無しさん
古賀稔彦はレジェンドだね。

 

14. 海外の名無しさん
戦いは重さも大きさも不平等!?
これは一見すると馬鹿げたことであり、愚かなことだ。

 

15. 海外の名無しさん
古賀稔彦には大きなリスペクトを。

 

16. 海外の名無しさん
50kgの体格差だよ。

 

17. 海外の名無しさん
古賀は本当にすごい。この動画に本当に本当に感謝だ。

 

コメント