【海外の反応】「メモがトレーナーだからな」カシメロ ドネア戦での薬物検査拒否で対戦消滅か?

ボクシング
スポンサーリンク

カシメロとドネアのバンダム級王者どおしの一戦ですが、ここにきて行われない可能性がでてきました。

ソースは以下です。

内容は8/14に行われる一戦における薬物検査をカシメロが拒否したというもの。
これにより、ドネアは対戦を辞退するとの意向を示している模様です。

このtweetに対してRedditでもスレッドがたっていたのでまとめました。

スポンサーリンク

カシメロ薬物検査拒否に関する報道に対する海外の反応

1. 海外の名無しさん
一方の選手は365VADA検査に登録している唯一の選手で、もう一方の選手は強制的な薬物検査を拒否している。カシメロは恥ずべきことをしたな。

 

2. 海外の名無しさん
>>1
彼は、マルケスや最近ではバドゥ・ジャックを担当していることで有名なトレーナーのメモがいるね。

 

3. 海外の名無しさん
>>2
検出不可能なPEDを作ることができると公言している人物が、ボクサーのコーナーに近づくことを許されているという事実は、まったくのジョークだね。

 

4. 海外の名無しさん
ドネアには感謝している。
彼の年齢で、ジュース(不正物質)を飲んでいるような人に怪我をさせられたくはないからね。

 

5. 海外の名無しさん
>>4
これは井上にとってどういう意味を持つのだろうか。
ドネアとの再戦、そしてパワーアップしたカシメロとの対戦だろうkか。

 

6. 海外の名無しさん
ここではリゴンドーが一番損をしている気がするな。

 

7. 海外の名無しさん
リゴンドーは当初の予定通りカシメロと戦えるので、振り出しに戻った感じ。

 

8. 海外の名無しさん
振り出しに戻ったわけではなく、厳しい薬物検査を避けているステロイド商人として知られるメモ・エレディア(カシメロのトレーナー)戦うことになったのだ。
また、メモは最近パスカルと一緒にいた。

 

9. 海外の名無しさん
しかし、カシメロは以前にすでにリゴンドーとの対戦を契約していたので、振り出しに戻ることになる。
もちろん、リゴンドーは拒否することができますが、私はそうは思いません。
もしかしたら、カシメロに薬物検査を受けさせる機会になるかもしれない。

 

10. 海外の名無しさん
カシメロがドネアとの一戦でテストをしないなら、なぜリゴンドーの時にテストをすると思うの?

 

11. 海外の名無しさん
薬物検査を拒否しているファイターに愛を示してはいけないな。

 

12. 海外の名無しさん
カシメロのマネージャーとドネアの妻がツイッターでやりあっている。
スレイマンまでもが巻き込まれている。

 

13. 海外の名無しさん
ということは
・ドネア-井上
・リゴ-カジメロ
ということ?
私にはいい感じに聞こえるね。

 

14. 海外の名無しさん
リゴンドーがカシメロに勝つことを祈っているよ。

 

15. 海外の名無しさん
まあ…薬物検査を恐れているのであれば、ドネアと井上の二人を避けたのは正解だろう。

 

16. 海外の名無しさん
これは明らかにカシメロが「ヒール」のシチュエーションを次のレベルに引き上げているだけだね。

 

17. 海外の名無しさん
くそ、この試合は観たかったな。
この試合の勝者が次の試合で井上と対戦し、どちらかが文句なしのバンタム級初代チャンピオンになるのだからね。
これが一時的な後退であることを願う。

 

18. 海外の名無しさん
カシメロは最悪だ。本当に最悪。恥ずべきだ。
井上vsドネアはまだいい。

 

19. 海外の名無しさん
カシメロは何を隠しているんだ?

 

20. 海外の名無しさん
>>19
ハロテステイン、テストステロンだよ。

 

コメント

  1. カシメロドネア楽しみだったのに
    中止かよ